●DiGiGrid [Q] DiGiGrid-オーディオインターフェイス


Headphone Amplifier - 4種類の高品位なインプットで、あらゆるユーザーに対応
小さなルックスに騙されてはいけません。DiGiGrid Qヘッドフォンアンプは、DiGiGridのハイエンドのオーディオ・インターフェースの一つであり、小さくても十分な音量でヘッドホンを鳴らせるよう設計されており、様々な場面で活躍します。ホームレコーディング、クリエイティブなリハーサル、本格的なスタジオ・セッション、音質にこだわったヘッドフォンでのリスニングまで、正確なモニタリング環境が必要なあらゆる用途でDiGiGrid Qが活躍します。
DiGiGrid Qは、1/4インチと3.5mmの両方の出力端子を備えており、最大600Ωまでの標準的なヘッドフォンに対応します。また、AES/EBUデジタル(プロフェッショナル・ユース)、Ethernet/CAT6(SoundGridネットワーク接続)、アナログ(汎用オーディオ機器の接続)、Bluetoothの4種類の入力に対応しているので、様々な場面で役立ちます。リスニングでも、デジタル・ミュージックのコレクションをBluetoothでダイレクトに再生可能、ストレスとは無縁です。DiGiGrid Qの優れたポイントは他にもあります。CAT6のSoundGridネットワークで接続、他のDiGiGrid製品とシームレスに統合可能です。必要な入出力を備えた他のDiGiGridインターフェイスを追加すれば、オーディオI/Oをわざわざ買い換えることなく、システムを拡張可能です。
DiGiGrid Q の土台部分は滑り止め加工されており、オプションのマイクスタンド・アダプター・プレートに装着すれば、マイクスタンドに乗せて使うこともできます。端子をロックできる12VのAC-DCアダプターが付属していますが、PoE(Power over Ethernet)で電源供給が可能なので、DiGiGrid Sを中心にネットワークを構築すれば、電源いらずの簡単なセットアップが実現します。
MacまたはWindowsのEthernetコネクターに挿すだけで、あらゆるホストアプリケーションでシンプルかつ高品質なオーディオ・インターフェイスとしてお使い頂けます。(MacのThunderBolt-Ethernetコネクターにも対応。)DiGiGrid Sと併用する場合は、75mまでの距離であれば、簡単に同時に接続可能です。加えて、複数台のコンピューターやホストアプリケーションを接続して、このI/Oを複数のホストから同時に使うことも可能です。インプットが必要な場合はDiGiGrid [M]を、もっと入出力が必要なら[D]も同時にお使い頂けます。DiGiGrid Qの力強いパワーやハイファイなアウトプットで、ホームスタジオやオフィスでコンピューターのヘッドフォン出力を豊かなものにしましょう。また、Bluetoothやフォノ入力で、お気に入りの音楽を極上のサウンドで聴きましょう。さらにシステムを拡張する場合、必要に応じてDiGiGridのラックマウント型のI/OやDSPサーバーを増設することも可能です。
・ハイグレードなアルミ押出形成による一辺9cmの立方体シャシーで、持ち運び易さと堅牢さとを両立
・4種類の高品位なインプットで、あらゆるユーザーに対応
・AES/EBU XLRの入力も備えプロ・オーディオ機器にも対応
・SoundGridネットワーク接続用のCAT5ポート
・汎用オーディオ機器に対応したRCA
・Bluetooth対応で手持ちのデジタルコンテンツを簡単にリスニング可能
・1/4インチ、3.5mmジャックの両方のヘッドフォン接続が可能
DigiGrid For Desktop Series
●DiGiGrid DiGiGrid [D]
●DiGiGrid DiGiGrid [M]
●DiGiGrid DiGiGrid [Q]
●DiGiGrid DiGiGrid [S]

●DiGiGrid [Q] DiGiGrid-オーディオインターフェイス

2016年09月26日

●DiGiGrid [Q] DiGiGrid-オーディオインターフェイス